日立国際交流協議会
日立国際交流協議会
姉妹都市紹介
>>ホーム >姉妹都市紹介 >バーミングハム市

姉妹都市紹介
バーミングハム市

在住外国人向け生活情報誌
在住外国人向け生活情報誌の閲覧

英語版又は中国語版で、いずれも日本語訳付です。


バーミングハム市市章&アメリカ国旗
バーミングハム市
アメリカ合衆国 アラバマ州 地図
バーミングハム市の概要
バルカン像 バーミングハム市は、アメリカ合衆国南東部アラバマ州の中心都市です。 まちのシンボルである「バルカン像」【ローマ神話に登場する火と鍛冶(かじ)の神】は、 このまちが鉄鋼業によって目覚しい発展を遂げた歴史を表しています。
市内には、日本庭園も含め数多くの公園があり、豊かな生活環境をもったまちです。 日立市と同じように鉱業のまちとして発展した点がきっかけとなり、 1982年(昭和57年)4月23日に国際親善姉妹都市の提携をしました。
日本庭園 灯篭 現在は、世界屈指のアラバマ大学バーミングハム校医学部を中心とした先端医療産業がまちの基幹産業となっているほか、 トヨタ自動車(日本)、ヒュンダイ(韓国)など大規模な自動車製造工場が進出し、経済活動が活発なまちとして知られています。
また、バーミングハム市は、『青春』の詩で知られるサムエル・ウルマンの出身地としても有名でウルマンの記念館や南部最大の市立美術館、飛行博物館などがあり交響楽団も所有する文化都市です。
毎年、「アート・フェスティバル」をはじめ「バーミングハム・インターナショナル・フェスティバル」など数多くのイベントが開催され、 世界のさまざまな国々との芸術文化交流を行っています。
アメリカ合衆国 アラバマ州 バーミングハム
--バーミングハム市の中心市街地--
バーミングハム市のデータ
  バーミングハム市 日立市 ※参考
アメリカ合衆国 日本国
市制施行 1871年12月19日 1939年9月1日
位 置 北緯 33°34.00'
西経 86°45.00'
北緯  36°35.47'
東経 140°39.18'
面 積 393.5ku 225.45ku
人 口 242,820人 (2012年12月末日 現在) 189,591人(2012年12月末日 現在)
年平均気温 16.3℃ 14.0℃
年間降水量 1,290o 1,250o
通 貨 アメリカドル 日本円
主要産業 医療サービス
医療機器製造業
工業、農業
日本からの距離 約11,600q  
日本との時差 11〜3月 −15時間

4〜10月 −14時間(夏時間)
 
飛行機での
所要時間
約14時間  
●○バーミングハム市まちの風景○●
バーミングハム市 バーミングハム市
バーミングハム市 バーミングハム市
バーミングハム市 バーミングハム市

姉妹都市交流の歩み
<バーミングハム市>
2013年(平成25年)
2月 第9回フレンドシップ・キルト展開催。両市の友好の象徴「フレンドシップ・キルト」の展示のほか、日立市民の作品約80点、バーミングハム市民の作品5点を展示
2012年(平成24年)
2月 第8回フレンドシップ・キルト展開催。両市の友好の象徴「フレンドシップ・キルト」の展示のほか、日立市民の作品約80点、バーミングハム市民の作品5点を展示
3月 東日本大震災時の支援に対するお礼として、第8回フレンドシップ・キルト展で市民参加のもと作成したキルト作品をバーミングハム市に送付
5月 姉妹都市提携30周年記念写真展を開催する
6月 アラバマ大学バーミングハム校学生一行12名来市。市民宅でのホームステイをはじめ、市内視察や日本文化体験、中里小・中学校訪問等を行う
6月 姉妹都市提携30周年を記念して、フレンドシップイベントを開催する
9月 バーミングハム市ベル市長来市
11月 姉妹都市提携30周年記念写真展を開催する
2011年(平成23年)
2月 第7回フレンドシップ・キルト展開催。両市の友好の象徴「フレンドシップ・キルト」の展示のほか、日立市民の作品約80点、バーミングハム市民の作品8点を展示
6月 バーミングハム市の子どもたちから、東日本大震災復興応援メッセージ・絵画等約700点が届く
8月 バーミングハム市から東日本大震災復興応援寄付金として30,000米ドル(2,312,700円)が贈られる
9月 日立市の子どもたちから、バーミングハム市へお礼のメッセージ約700点を送付
11月 バーミングハム市ロータリークラブから東日本大震災復興応援寄付金として5,000米ドル(385,750円)が贈られる。
2010年(平成22年)
2月 第6回フレンドシップ・キルト展開催。両市の友好の象徴「フレンドシップ・キルト」の展示のほか、日立市民の作品約100点、バーミングハム市民の作品13点を展示
6月 バーミングハム市青少年訪問団一行11名が来市。市民宅でのホームステイをはじめ、市内視察や日本文化体験、平沢中学校訪問等を行う
7月 未来の科学者海外派遣事業として、市内中学生15名がバーミングハム市ほか2都市に訪問(5日間)する
2009年(平成21年)
2月 第5回フレンドシップ・キルト展開催。両市の友好の象徴「フレンドシップ・キルト」の展示のほか、日立市民の作品約150点、バーミングハム市民の作品8点を展示
6月 バーミングハム少年合唱団一行55名が来市。日立シビックセンターでフレンドシップ・コンサートを開催したほか、市長表敬訪問や市内視察、大久保小学校訪問等を行う
  ※第24回姉妹都市交歓研修生派遣事業及び第2回中学生海外短期留学支援事業は、新型インフルエンザ流行により中止
2008年(平成20年)
3月 バーミングハム動物園で開催される「全米動物園協会地区会議」に出席するため、かみね動物園職員2名を派遣。事業発表や意見交換等を実施
6月 バーミングハム市青少年グループ8名が来市
2007年(平成19年)
6月 バーミングハム動物園代表者1名が、かみね動物園開園50周年記念式典出席及び動物交換事業にかかる協議を行うため来市
8月 第22回姉妹都市交歓研修生15名がバーミングハム市を訪問
9月 第4回フレンドシップ・キルト展開催。日立市民の作品150点、バーミングハム市民の作品6点を展示
2006年(平成18年)
4月 バーミングハム・インターナショナル・フェスティバル参加のため、市民訪問団41名がバーミングハム市を訪問。日立風流物からくり人形や能楽の披露を行う フォトギャラリー
6月 バーミングハム市青少年グループ14名が来市 フォトギャラリー
9月 第3回フレンドシップ・キルト展開催。日立市民の作品154点、バーミングハム市民の作品9点を展示
2005年(平成17年)
8月 第20回姉妹都市交歓研修生15名がバーミングハム市を訪問
10月 第13回世界地方都市十字路会議開催に伴い、バーミングハム市からパネリスト1名が来市
11月 第2回日立・バーミングハム・フレンドシップ・キルト展開催。日立市民の作品117点、バーミングハム市民の作品9点を展示
2004年(平成16年)
10月 バーミングハム市からキルト作家をはじめとする芸術家12名が来市
10月 第1回日立・バーミングハム・フレンドシップ・キルト展を開催。日立市民の作品150点、バーミングハム市民の作品10点の展示や両市のシンボルを表現したフレンドシップ・キルトを交換
2003年(平成15年)
3月 バーミングハム市の宇宙飛行士が来市。第11回国際シンポジウムに早稲田大学の吉村作治教授らと出演。駒王中学校において講演も行う
7月 バーミングハム市姉妹都市日本委員会のメンバー1名が来市
7月 バーミングハム市において「日立キルト展」が開催。日立市のキルト愛好者の作品14点が紹介される
  ※第18回姉妹都市交歓研修生派遣は、SARS、テロ等国際情勢の不安により中止
2002年(平成14年)
7月 姉妹都市提携20周年を記念して、市長をはじめとする市民訪問団23名がバーミングハム市を訪問
10月 バーミングハム市のジャズ演奏者21名が来市。コンサートを開催する
11月 日立市産業祭で姉妹都市コーナーを設置。バーミングハム市のキルト展示販売、タウランガ市のアボガドオイル試食、留学情報の提供などを行う
2001年(平成13年)
5月 バーミングハム市青少年ジャズグループ21名が来市し、演奏会を行う
8月 第16回姉妹都市交歓研修生16名がバーミングハム市を訪問
2000年(平成12年)
5月 バーミングハム市青少年親善大使23名が来市
1999年(平成11年)
7月 バーミングハム市市民訪問団8名が来市
8月 第14回姉妹都市交歓研修生14名がバーミングハム市を訪問
1998年(平成10年)
3月 バーミングハムの鈴木メソッド・バイオリングループ38名が来市、コンサートを開催する
5月 バーミングハム市長一行4名が来市
5月 バーミングハム市青少年親善大使25名が来市
7月 バーミングハム市中学生1名が来市。市民宅にホームステイする
8月 アラバマ・バレー団芸術監督が来市
1997年(平成9年)
7月 バーミングハム市市民訪問団11名が来市
8月 第12回姉妹都市交歓研修生14名がバーミングハム市を訪問
10月 市職員2名が行政視察のため、バーミングハム市を訪問
1996年(平成8年)
3月 茨城大学工学部との学術交流協定10周年を記念しアラバマ大学バーミングハム校から副学長及び国際センター長が来市。講演会を行う
5月 バーミングハム市青少年一行31名が来市
10月 市民訪問団21人がバーミングハム市を訪問
1995年(平成7年)
8月 第10回姉妹都市交歓研修生14名がバーミングハム市を訪問
1994年(平成6年)
6月 バーミングハム市青少年親善大使20名が来市
1993年(平成5年)
2月 日立市民まちづくり視察団16名がバーミングハム市を訪問
4月 バーミングハム市市民訪問団18名が来市
8月 第8回姉妹都市交歓研修生14名がバーミングハム市を訪問
1992年(平成4年)
3月 バーミングハム市中学生親善研修生28名が来市
5月 バーミングハム市在住の元米国海軍指揮者が来市、日立市民吹奏楽団で客演
7月 姉妹都市提携10周年を記念して青少年親善大使16名がバーミングハム市を訪問
1991年(平成3年)
7月 第6回姉妹都市交歓研修生14名がバーミングハム市を訪問
1990年(平成2年)
1月 市内の造園業者一行25名が「緑の使節団」としてバーミングハム市を訪問
10月 公募による市民訪問団26名が「フレンドシップツアー」としてバーミングハム市を訪問
1989年(平成元年)
3月 第4回姉妹都市交歓研修生14名がバーミングハム市を訪問
8月 市制50周年を記念し、バーミングハム、タウランガ両市の青少年グループ34名が来市
9月 市制50周年記念市展へバーミングハム、タウランガ両市から作品が寄せられる
1987年(昭和62年)
8月 第2回姉妹都市交歓研修生7名がバーミングハム市を訪問
1986年(昭和61年)
8月 第1回姉妹都市交歓研修生として中学生7名がバーミングハム市を訪問。(以後、バーミングハム市とタウランガ市へ毎年交互に派遣を行う)
11月 アラバマ大学バーミングハム校演劇グループが来市。市民会館等で公演を行う
1985年(昭和60年)
7月 国際青年年に伴いバーミングハム市青少年団一行が来市
7月 日立市がバーミングハム市に石灯ろうを贈呈
9月 バーミングハム市からバルカン像が贈られる
10月 バルカン像贈呈式出席のため、バーミングハム市市議会一行が来市
11月 石灯ろう贈呈式出席のため、市民訪問団15名がバーミングハム市を訪問
1984年(昭和59年)
8月 バーミングハム市からの最初のAET(英語指導助手)を任用
12月 茨城大学がアラバマ大学バーミングハム校(UAB)と大学間協定提携
1983年(昭和58年)
4月 バーミングハム市長一行15名が来市
8月 バーミングハム市からバルカン像と石灯ろうの交換について提案が寄せられる
1982年(昭和57年)
4月 バーミングハム市と姉妹都市提携
1980年(昭和55年)
4月 バーミングハム市から、姉妹都市提携の希望が寄せられる
↑ページトップ↑

トップページ新着情報お役立ち情報国際交流協議会ご案内HIA企画部会活動紹介姉妹都市紹介 |
国際交流サロンご案内お問合せリンク |
在住外国人向け生活情報誌外国人のためのお役立ち情報リンクフォトギャラリー |
Copyright (c) 2000-2008 HITACHI INTERNATIONAL ASSOCIATION All Rights Reserved.